読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小遣い制サラリーマン陸マイル(ANAマイレージ)で旅立つ

旅行好きのアラサーサラリーマン。 普通のお小遣制サラリーマンが、本当にANAマイルを貯めてビジネスクラスで旅立てるのか検証していきます。

ANA A321プレミアムクラスに搭乗!

 今年から陸マイラーにデビューして、早々出張でANAに乗る機会(to広島)があったので、思い切って追加料金については自腹を切って(普通運賃は出張経費で精算可能)登場してみました。

 今まで、国内・国際線ともにエコノミーしか乗ったことがなく、そのギャップにただただ驚きました。

1.プレミアムクラスって?

 プレミアムクラスは普通席と違い以下のような特徴があります。

 ・普通席より高い

 ・専用の手荷物検査所がある

 ・ANA Loungeの利用が可能

 ・シートピッチが広い

 ・機内食が出る

 ・機内でお酒が飲める

 普通席は上記のうち機内食とお酒だけは別料金を支払うことで可能ですが、その他は体験することができません。

2.プレミアムクラスを安く・お得に乗る方法

 プレミアムクラスは普通席より優遇されている分少し航空券が高額になっています。ただ、普通席と同等かそれよりも安価で搭乗する方法があります。

(1)株主優待券を使用する

 株主優待券を使用することで、プレミアムクラスの正規料金の約半額で搭乗することが可能です。ただ、株主優待券を購入する場合約4,000円程度の追加費用が発生しますが、それでも安く乗れます。

 価格もさることながら、株主優待券のメリットは予約変更に対応しています。出張等で利用する場合、商談や打ち合わせが伸びてしまい変更が必要になる場合もあると思います、その際にも変更が可能なのは大きなメリットです。

 株主優待券の使い方は以下の記事で掲載しておりますので、ご参考になれば幸いです。

momo-rock.hateblo.jp

(2)「旅割28」を利用する

 「旅割28」を言う早期予約をすることで通常よりも大幅に割引かれた航空券を購入することができます。

 SFC修行を行っている方が主に狙う羽田⇔那覇で主に使われているのが、「旅割28」です。この航空券は予約の変更ができない代わりに、株主優待券使用時よりも安価で搭乗できるというメリットがあります。

 予約変更ができないので、ビジネスでの利用はやや難しいかもしれません。

3.専用の手荷物検査所がある

 ANA PREMIUM CHECK-INというところがあり、上級会員とプレミアムクラスの搭乗券を持っている方については、手荷物検査所が専用で用意されています。

 今回私が搭乗したA321は総座席数が194席ありそのうち8席がプレミアムクラスです。プレミアムクラスに加えて上級会員を含めても多くて20名程度なので、手持ち検査所はかなり空いていました。

 実際に私が空港に着いたのは、搭乗の30分前でしたが、そこからでも間に合う位スムーズに手続きができました。

4.ANA Loungeが利用可能

 今回は時間がなさすぎてほど滞在できませんでした(写真だけ撮りました)が、専用手荷物検査所を抜けてす右手のエスカレーターを上るとANA Loungeがあります。

 軽食はありません(スナックだけ)が、ビールや焼酎・ソフトドリンク・コーヒーを飲むことができます。

写真はアサヒですが、キリンもありました。

f:id:momo-rock:20170122184532j:plain

コーヒーはコンビニのコーヒーのように都度抽出しているようです。

f:id:momo-rock:20170122184618j:plain

 その他、電源がある席もあり少し余裕を持って空港に到着してもメールや資料の作成、スマホの充電等が可能です。

5.シートピッチが広い

 今回、私が搭乗したのはA321という機種です。機種は全く知らないのですがNewと書いてあったので、結構良い機種だったのでしょうか?

f:id:momo-rock:20170122185021p:plain

  シートが広いことはさることながら、充電が電源とUSBと別れており、PCの充電をしながら、スマホの充電もでき非常に快適でした。

 何よりも良かったのは、CAさんの人数が8人に対して2名もついてくださっていることでした。搭乗後に新聞を持ってきてくださったり、上着をクロークに預かってくださったりと至れり尽くせりなサービスを受けました。

6.機内食がでる

 出発時間によって、朝食・昼食・軽食・夕食と機内食が出ます。

・朝食:10時59分までに出発する便

・昼食:11時〜13時までに出発する便

・軽食:13時〜17時までに出発する便

・夕食:17時以降に出発する便

 私は13時〜の出発だったためPremium SABO(軽食)でした。急ぎ会社を出発したため昼食をとれていなかったので、非常に助かりました。

 外装はこのようにシックで落ち着いた雰囲気の箱に入っていました。

f:id:momo-rock:20170122185825j:plain

 中を開けるとこんな感じでした。今まで国際線エコノミーでしか機内食を食べていないのですが、段違いにこちらの食事はおいしかったです。

f:id:momo-rock:20170122185852j:plain

 また、ドリンクも食事前と食事後にCAさんが聞きに来てくださり、お茶とコーヒーをいただきました。通常席だと巡回されるだけでも時間がかかるので、こんなに優雅に食事と飲み物は飲めないと思います。

7.お酒が飲める

 今回は到着後に商談があったので、お酒は遠慮しましたが、

・ビール

・焼酎

・日本酒

ハイボール

・スパークリングワイン

・ワイン(赤・白)

・各種ソフトドリンク

とあげきれないくらいありますので、詳細は公式ページをご参照ください。

国内線サービス~プレミアムクラス~|Service & Info[国内線]|ANA

8.まとめ

 今回は、急な出張だったので株主優待等を使う暇がなく正規運賃で搭乗したので、経費として会社に申請する分に加えて約10,000円程自腹を切ってしまいました。とはいえ、普段味わえないサービスを受けることができ、現地に着いた後も疲労感なく商談に臨むことができたので、大満足でした。

 国際線のプレミアムエコノミーやビジネス・ファーストといった航空券は高すぎて利用することは難しいですが、国内線の運賃に+1万円すれば(株主優待券だと普通運賃より安く乗れます)体験できるのは大きなメリットだと思います。