小遣い制サラリーマン陸マイル(ANAマイレージ)で旅立つ

旅行好きのアラサーサラリーマン。 普通のお小遣制サラリーマンが、本当にANAマイルを貯めてビジネスクラスで旅立てるのか検証していきます。

【SFC修行】エアチャイナビジネスクラスでいくシンガポール弾丸トラベル0泊3日(北京→シンガポール編)

 いよいよ自腹でスタートしたSFC修行一人旅かつノープランでの旅のため色々事件がありました。

注意すべき点等をご紹介できれば幸いです。

今回は、北京空港からチャンギ空港の空の旅をご紹介します。

羽田空港→北京国際空港のご紹介はこちら

momo-rock.hateblo.jp

 

1.初めてのフルフラットシート

 トラブルに合いながら、何とか北京国際空港での乗継に成功した私は、北京→シンガポール便に乗ることができました。

 最近流行りの全席通路側のタイプではなく、ちょっと昔のタイプ?のようでしたが、私のようなビジネスクラス初心者には十分すぎる位のシートでした。

 せっかく搭乗したのに、眠かったためフラットにした写真を撮り忘れました・・・

 シートはかなりゆったり作られており、座ったまま足を伸ばしても私の短い足では前に届きませんでした。

 機内ではL'OCCITANEのアメニティを配布されましたが、リップクリームと乳液のみL'OCCITANE製であとは違うようでした。

 中身は、以下のとおりです。

・リップクリーム

・乳液

・歯ブラシ

・歯磨き粉

・耳栓

アイマス

・くし

 機内の映画は色々ありましたが、シンガポールで18時間の観光を控えていたため、睡眠を選択しました・・・隣の外国人の方(190くらいありそう)には狭い感じがしましたが、170そこそこの私にとっては十分すぎる広さです。

  ぐっすり熟睡でき、気がつくと着陸の時間が迫ってきました。CAさんが朝ごはんを配ってくださいました。味はなんとも可もなく不可もなくと言った感じでした。果物は美味しかったです!

 ほとんど寝ていたため、あっという間にシンガポールチャンギ空港に到着しました。早朝ということもあり、イミグレーションもガラガラでした。

2.まとめ

 人生初のフルフラットシートでしたが、やっぱりエコノミーと違いぐっすりと眠れたため、翌日のシンガポール観光の疲れ方が全然違いました。

 早くマイルをためて家族でビジネスクラスに搭乗して旅行に行きたい!と改めて感じるとともに一人だけこんな思いをして申し訳なくなりました。

 次回はチャンギ空港での入国審査についてご紹介しようと思います。