読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小遣い制サラリーマン陸マイル(ANAマイレージ)で旅立つ

旅行好きのアラサーサラリーマン。 普通のお小遣制サラリーマンが、本当にANAマイルを貯めてビジネスクラスで旅立てるのか検証していきます。

CRECOのポイント制度改悪されました

 以前ご紹介した、以下の記事でクレジットカードを登録して、利用するだけで自動でポイントがたまる

「CRECO」というアプリがありました。

momo-rock.hateblo.jp

 

しかし、5月1日よりポイントの付与システムが改悪されました。

 多少の改悪であれば目をつぶりたいと思いますが、今回の改悪はちょっと陸マイラーとして継続利用することの意味が見出せないくらいのインパクトでした。

 

1.ちなみにCRECOって?

 詳細は、過去記事にまとめておりますが、一言でいうとクレジットカードを登録して利用明細を取得するとそれに対してポイントが付与されるというサービスでした。

 

2.改悪内容

 4月30日まではクレジットカードを新規で登録するたびに30ポイント(=30円)、利用明細の金額1,000円につき1ポイント(=1円)の付与がされておりましたが、5月1日からの付与システムの改訂に伴いクレジットカードの登録で30ポイント(=300円)、利用明細のカテゴリー登録で1ポイント(=1円)となりました。

 まとめると以下のとおりです。記載以外にも変更点はありますが陸マイラーに影響のあるところだけ抜粋します。

 

・旧付与システム(2017年4月30日まで)

 ①クレジットカード登録(1枚につき30ポイント)

 ②利用明細の取得(1,000円につき1ポイント)

 ③ポイント交換1回につき500ポイント単位

 ④申請回数は無制限

・新付与システム(2017年5月1日から)

 ①クレジットカード登録(1枚につき30ポイント)

 ②利用明細のカテゴリー登録(1登録につき1ポイント)

 ③ポイント交換1回につき500ポイントまで

 ④申請回数はつき1回まで

 

3.まとめ

 時間当たりの単価という意味では放置していても自動的にポイントがたまって(大体月に500ポイント程度)いましたが、この改悪で明細登録を手間をかけてしても以前の3分の1程度しかポイントがたまらないため、ポイント目的でCRECOは使用しないことにします。

止める方が多いと思いますが、他のアプリにはない請求書のPDFの閲覧ができるのでその機能のあるアプリとして残そうと思います。