読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小遣い制サラリーマン陸マイル(ANAマイレージ)で旅立つ

旅行好きのアラサーサラリーマン。 普通のお小遣制サラリーマンが、本当にANAマイルを貯めてビジネスクラスで旅立てるのか検証していきます。

SFC修行の〆は水炊きを@福岡

 福岡といえば、豚骨ラーメン・もつ鍋・屋台とありますが、今回は鳥の旨味が凝縮された「水炊き」を食べてきました!

 昔は、豚骨ラーメン巡りだとか言って2軒、3軒と回って食べたものですが30を超えると体重を維持するのが難しくなってきて、大好きだったラーメンも抑えないと厳しく、今回はラーメンは封印することにしました。

1.水炊き発祥のお店「水月

 今回お邪魔したのは、水炊き発祥のお店という「水月」さんです。

場所は、西鉄平尾駅から徒歩数分というところです。

 写真じゃ見えにくいですが玄関の横にある看板が趣があってGoodです!

お店の中に入り、お座敷にご案内いただき早速、お食事をいただきました。

まずは・・・突き出しです。

 鶏皮の酢の物ときびなごの南蛮漬けと何とかという胡麻豆腐です。酢モツのポン酢は自家製の酸っぱさを抑えてあり、モツとの相性抜群でした。

 きびなごの南蛮漬けも胡麻豆腐も突き出しとは思えない、素晴らしい味でした。

続いて、水炊きのスープをいただきます。

 鶏の旨味がしっかり出ていて、いくらでも飲めそうな味で、焼酎のロックのチェイサーにバッチリでした(笑)このスープはいくらでも追加できるそうです。

 結構煮込んでいるはずなのですが、これだけ煮込んでも鶏が型崩れせずに味もしっかりしていました。これもポン酢が良いアクセントで非常に美味しかったです。

 鶏肉を一通りいただいた後、鶏団子を・・・鶏肉と思えないほどジューシーでした。

今まで私が食べていた鶏団子は何だったのでしょうか・・・

 その後は、水炊きのお店では異色だと思いますが、グラタンが出てきました。出てきた時は???という感じだったのですが、お店の方曰くオススメのグラタンだそうです。

 実際に食べてみると、クリームソースに先ほど飲んだ美味しい鶏の旨味がしっかり付いていて、この量でも満足すぎるほどでした。

 さて、〆はやっぱり雑炊ですよね!これだけ美味しい鶏の旨味がしみた雑炊がまずいわけがありません。

 最後にデザートで自家製プリンが出てきました。ほんのりビターで甘さ控えめに作ってあるので、お腹がいっぱいでも別腹のように食べることができました。

2.まとめ

 今回は、水炊き発祥のお店「水月」に伺いましたが、店員さんも気さくで会話も弾み、さらにこんな美味しい食事をいただくことができ大満足でした。

 SFC修行でコスト重視で、往復を繰り返すことも正しいと思いますが、せっかく遠くまで行くので、その土地の特産を食べたり観光も楽しみたいですね。

 今回伺ったお店はこちら→水炊き発祥の店「水月」

 

momo-rock.hateblo.jp