小遣い制サラリーマン陸マイル(ANAマイレージ)で旅立つ

旅行好きのアラサーサラリーマン。 普通のお小遣制サラリーマンが、本当にANAマイルを貯めてビジネスクラスで旅立てるのか検証していきます。

ANAマイル口座の統一方法

 私はもともと年会費無料のANAマイレージクラブの会員カード(非クレジットカード)を使用していました。

 今回ソラチカカードを申し込みましたが、ANAカードを新たに申し込んだ場合、違うANAマイレージクラブ会員番号が新たに払い出されるようです。

 今後のために今のうちに統合手順を確認しておこうと思います。

1.ANAマレージクラブ会員番号が違うことのデメリット

 ANAのマイルは通常はクレジットカードのポイントと同様に会員番号毎に付与され、管理されます。そうなると8,000マイルのA口座と4,000マイルのB口座があると本当であれば、国内特典航空券の発行ができるくらいのマイルがたまっていますが、このままだと発行することはできません。

 そこで、次からの手順でマイルを統合すると合計12,000マイルたまることになり国内特典航空券の発行ができるようになります。

2.ANAマイレージクラブ統合手順

 まずはANA公式ページに行き、マイメニューを開きます。

f:id:momo-rock:20170122175951p:plain

その他→マイル口座の統合を選択します。

f:id:momo-rock:20170122180016p:plain

マイル口座統合のお手続き専用フォームを選択します。

f:id:momo-rock:20170122180119p:plain

 おそらく名前とメールアドレスは自動的に入力されていると思います。統合したい会員番号を「お持ちのカードのお客様番号」に入力します。(3つまで同時に申請できます)その中で「メインで利用するカードのお客様番号」の入力をします。

 メインになるカードは人それぞれだと思いますが、私はしばらくソラチカカードを廃止することはないのでソラチカカードを今後のメインカードにすることにします。

 入力後送信すれば申請は完了です。あとはANAの手続きが完了するのを待つだけです。

3.まとめ

 同時には3つの会員番号しか統一できませんが、それ以上の枚数とまとめる場合は複数回に分けて実施します。メインになる会員番号は絶対に解約しないカードにしておくように注意が必要です。

 私はまだANAカードを複数枚発行していないため問題ないですが、複数枚発行すると違う番号がメインカードになっている場合もあるようなので、発行毎にメインカードを確認しておくと良いと思います。