小遣い制サラリーマン陸マイル(ANAマイレージ)で旅立つ

旅行好きのアラサーサラリーマン。 普通のお小遣制サラリーマンが、本当にANAマイルを貯めてビジネスクラスで旅立てるのか検証していきます。

外貨両替の為替手数料が98%もお得に!

 海外旅行に行く時に皆さんが必ずされることの一つとして現地通貨への両替があると思います。

 さて、皆さんどこで両替されていますか?空港で渡航前にされていませんか?空港の両替よりもっとお得な方法があることをご紹介したいと思います。

 空港の両替よりお得な両替はFX(外貨為替取引)を利用するのが最もお得です。

1.手数料が98%もお得に!

 私がいつも両替をする時に使用しているのは、マネーパートナーズというFX会社を利用しています。

www.moneypartners.co.jp

 マネーパートナーズとは?

    マネーパートナーズとはFX会社の一つです。FXのイメージは投機・ギャンブルといったイメージが強いと思います。このマネーパートナーズは他のFX会社にない取引が可能です。

 というわけで私は完全に外貨両替専用の口座として利用しています。

   <マネーパートナーズが良い点>

 マネーパートナーズが良い点をあげると以下の3点があげられます。

  1.外貨為替手数料が最大約98%OFF

       2.自分の好きなレートで取引可能

       3.国内主要4空港で受け取れる

 今の世の中クレジットカードがあればほとんど現金は不要ですが、どうしても現金が必要な場合があります。(チップ等)そんな中でマネーパートナーズがどれだけお得なサービスかお分かり頂けると思います。

   実際にどの程度お得なのか?

 実際にマネーパートナーズを利用するとどの程度の差があるか比較したいと思います。仮に1ドル=120円として1,000ドル両替をした場合で比較します。

・銀行:

 1,000ドル×3円(手数料)=3,000円

・金券ショップ:

 1,000ドル×2.5円(手数料)=2,500円

・マネーパートナーズ:

 1,000ドル×0.2円(手数料)+500円=700円

 ドルやユーロの場合は大体この程度の手数料の差で収まりますが、ポンド等だともっと差が発生するのでさらにお得です。

  マネーパートナーズのデメリット

 デメリット1:両替対応通貨は以下の6通貨のみ

  ・米ドル

  ・ユーロ

  ・英ポンド

  ・韓国ウォン

  ・中国元

  ・スイスフラン

 デメリット2:受取期間が決まっている   

f:id:momo-rock:20170108040059g:plain

 「〆切日」と「受取可能期間」があり、自分の旅行日程に合わせて、入金→両替をする必要があります

 デメリット3:両替手順が複雑

 コンバージョン→移動→空港選択→受取

 慣れるまではやや大変ですが、コールセンターもあるので何とかなります。

 デメリット4:受取可能時間に制限がある

 羽田・関空・中部の3つの空港は早朝(AM6時頃)から深夜(PM11時頃)まで受け取れますが、成田はAM9時〜PM6時しか受け取れません。

 デメリット5:受取回数に制限がある

 月に1回1通貨に限られるため、ユーロとドルといった受取からはできません。国をまたいで出張される方にはやや不便かもしれません。

2.まとめ

 ドルやユーロといった手数料が小さい通貨についてはまとめての両替(10万円程度)を行わないとお得感が薄れますが、その他のマイナー通貨に関してはかなりお得だと思います。

 このご紹介がご参考になれば幸いです。