小遣い制サラリーマン陸マイル(ANAマイレージ)で旅立つ

旅行好きのアラサーサラリーマン。 普通のお小遣制サラリーマンが、本当にANAマイルを貯めてビジネスクラスで旅立てるのか検証していきます。

海外旅行初心者におすすめの持ち物リスト

 海外旅行をするときに、いつも直前になってから準備をする方はいらっしゃいませんか?私はいつも直前(ほぼ前日)に仕事から帰ってきて大慌てで準備をしています。

 幸い今の所、出発できないような事態には至っていませんが、同じような方のために持ち物リストをご紹介したいと思います。

1.必需品(これがあれば出発できます)

 貴重品は肌身離さず持って行きましょう。証明書や控え・クレジットカードなどは写真やコピーを取っておくと便利です。紛失・スリの可能性があるため使わないものは日本においておくと良いです。

 現金については、現地でキャッシングも可能ですので、持ちすぎないようにしましょう。  

 

・パスポート:有効期限は3ヶ月以上ありますか?

・航空券:最近はEチケット(ANA/JAL)が多いですね

・各種控え:持って行くクレジットカードやチケット・ホテルバウチャーなど

・ビザ(査証):観光ではほぼ不要ですね

ESTAなど:アメリカやカナダ等で事前に申請が必要です。EUもXXXX年から必要に

スマートフォン:地図/計算機/乗換案内/翻訳/写真等大活躍です。

・現金:両替もしくはキャッシングでも可です

・クレジットカード:JCBは結構使用できません。VISAかMASTERカードを用意

海外旅行保険証:自動付帯のクレジットカードが複数あれば不要かも?

2.電化製品(忘れても現地で購入できます)

 海外は電圧・プラグの形状が日本と異なる場合が多くは変圧器や変換プラグが必要です。また、スマホは様々な機能を合わせ持つので海外旅行に持って行くと便利です。

・変圧器:スマホ/デジカメ/充電器だけならほぼ不要です

デジタルカメラスマホで満足ができない方はどうぞ

・モバイルバッテリー:移動しながら充電は必須です。

スマホ充電器:電池が切れるとスマホはただの板になります・・・

・ドライヤー:事前にホテルの備品を確認して無ければ

3.カバン/バック

・スーツケース:旅行日数に合わせてサイズを選ぶと良いです

・スーツケース備品:荷物を受け取る時にわかりやすい目印があると良いです

・機内持ち込み用カバン:タブレットや充電器などを入れるカバンです

・持ち歩き用カバン:トートタイプが取り出しやすくておすすめです

・旅行用財布:あまり高価ではないものがおすすめです

・エコバック:買い物してもビニールがもらえない時があるので・・・

・ビニール袋:汚れ物等あると便利です

4.衣類

 私もそうですが、衣類は不安があって必要以上に持って行きがちですが、一番荷物がかさばるので、下着や靴下は旅行日数+1にし、ズボンやアウターは数を厳選して、可能な限り少なくします。汚れ物入れに100円ショップ等で売っている圧縮袋があると帰りに便利です。

・下着/靴下:旅行日数+1枚あると良いです

・シャツ等アウター:あまりたくさん持つとかさばってしまうので注意

・Tシャツ等インナー:寒い国に行く方はヒートテックなどがあると良いです

・パジャマ(ルームウェア):ホテルによっては無い場合があるため

・靴等:旅行先は結構歩くので普段履く靴がおすすめです

5.日用品

 液体類には注意が必要。機内への持ち込みは制限されるので荷物を準備する時には確認してください。また、万が一に備え常備薬を持って行くと良いです。海外の薬は日本人には効力が強すぎる可能性があります。

・常備薬:正露丸ロキソニンSなど

・タオル:お土産の壊やすい物を包んだりあると便利です

・歯ブラシ/歯磨き粉:ホテルにはない場合もあるので

・ボディソープ/シャンプー/コンディショナー:使い慣れたものが良いです

・化粧品:肌に合わない場合があるので。また機内持ち込みの際は容量に注意

・髭剃り:普段使っている慣れたものが良いです

6.あると便利なもの

 必ずしも使うとは限りませんが、持って行くと便利な持ち物をご紹介します。荷物に余裕があるなら検討してください。

・雨具:軽い折りたたみ傘があると良いです

ipadタブレット:機内や乗り継ぎがある場合の暇つぶし用として便利です

・耳栓/アイマスク/機内用枕:旅行先で元気に遊ぶために安眠は必須です

・マスク/のど飴/ガム:機内は乾燥するので

・ガム:機内は乾燥するので

・スリッパ:機内やホテルであると便利です

・三色シャーボ:メモを取ったり入国時に書類を書いたりと便利です

ティッシュ:旅行先のティッシュは固かったりするので・・・

7.まとめ

 最低限必需品があれば、旅行には行けますができれば準備をしっかりして折角の旅行を楽しみたいですね。

 この記事が参考になれば幸いです。