読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小遣い制サラリーマン陸マイル(ANAマイレージ)で旅立つ

旅行好きのアラサーサラリーマン。 普通のお小遣制サラリーマンが、本当にANAマイルを貯めてビジネスクラスで旅立てるのか検証していきます。

【SFC修行】チャンギ空港の入国審査

 今までの出張と違い、身銭を切ってのSFC修行第1弾はPP単価を重視して王道のAir Chinaで行く、0泊3日羽田→北京→シンガポールにしました。

今回の日程は以下の通りでした。

1レグ CA168   19:40-22:40

2レグ CA975           00:05-06:25

3レグ CA970           00:15-05:50

4レグ CA421           14:35-18:55

獲得予定PP      11,858

獲得予定マイル   8,206

金額        85,520円

PP単価                        7.2

 今回は、シンガポールで約18時間、北京で8時間の乗継時間が発生するため、かなりアクティブな観光付SFC修行となりました。

1記事が長くなるので、以下のように(予定)記事を分けてご紹介したいと思います。

羽田空港→北京国際空港

momo-rock.hateblo.jp

・北京国際空港→チャンギ空港

momo-rock.hateblo.jp

チャンギ空港入国審査←今回の記事です。

シンガポール観光

チャンギ空港→北京国際空港

・北京観光

・北京国際空港→羽田空港

月末で仕事が立て込んでいるため、1週間〜2週間の時間をかけての更新となりそうです。

1.シンガポール到着

 ぐっすりと熟睡した後、飛行機を降りて向かうのは入国審査ゲートです。チャンギ空港は大きい空港ですが、北京ほど広くない?印象です。(北京は色々あって焦っていたからかもしれませんが・・・)

 途中にユニクロの広告がありました。今回は、荷物を最小限にしているのでおそらく後でお世話になると思います。自分の服のサイズが分かるかつよれてきて捨てても良い服がある場合、洋服は現地調達すると行き帰りの荷物が減って良いと思います。

2.入国審査にて

 さて、今回のメインである入国審査です。色々な方々のブログで日程をみて色々聞かれるという記事をみていたので、ドキドキしていました。

 やり取りはこんな感じでした。審査官の話は「審」にしています。

私:おはようございます。

審:おはよう。

審:入国の理由は?

私:観光です。

審:そう、何日滞在するの?

私:1日です。

審:1日?どこに泊まるの?

私:ホテルには泊まりません。カジノに行って帰国便の時間まで遊びます。

審:・・・(本当に間がありました)、帰りの飛行機のチケットを見せて

私:Eチケットを渡す。

審:チケットと何やら端末を確認・・・OK、幸運を

私:ありがとう

 やっぱり、普通と違う滞在の仕方だと入国審査官もちょっと気になるようです。上記のようなやり取りが発生するかもしれないので、最低限以下のことは英語で伝えられるようにしたほうが良いと思います。

・観光である事

・目的(全部である必要はないですが、主だった目的)

・滞在する場所(今回のようにホテルに泊まらない場合で入国審査の紙に書けない時)

3.まとめ

 思っていたよりも入国審査で突っ込まれず安心しました。いよいよシンガポール18時間弾丸観光を次回ご紹介したいと思います。

 今回はUBERではなく、電車で行こうと思うのでまずはターミナルを移動します。

【SFC修行】羽田→北京→シンガポール(北京→シンガポール)

今までの出張と違い、身銭を切ってのSFC修行第1弾はPP単価を重視して王道のAir Chinaで行く、0泊3日羽田→北京→シンガポールにしました。

今回の日程は以下の通りでした。

1レグ CA168   19:40-22:40

2レグ CA975           00:05-06:25

3レグ CA970           00:15-05:50

4レグ CA421           14:35-18:55

獲得予定PP      11,858

獲得予定マイル   8,206

金額        85,520円

PP単価                        7.2

 今回は、シンガポールで約18時間、北京で8時間の乗継時間が発生するため、かなりアクティブな観光付SFC修行となりました。

1記事が長くなるので、以下のように(予定)記事を分けてご紹介したいと思います。

羽田空港→北京国際空港

momo-rock.hateblo.jp

・北京国際空港→チャンギ空港←今回の記事です。

チャンギ空港入国審査

シンガポール観光

チャンギ空港→北京国際空港

・北京観光

・北京国際空港→羽田空港

月末で仕事が立て込んでいるため、1週間〜2週間の時間をかけての更新となりそうです。

1.初めてのフルフラットシート

 トラブルに合いながら、何とか北京国際空港での乗継に成功した私は、北京→シンガポール便に乗ることができました。

 最近流行りの全席通路側のタイプではなく、ちょっと昔のタイプ?のようでしたが、私のようなビジネスクラス初心者には十分すぎる位のシートでした。

 せっかく搭乗したのに、眠かったためフラットにした写真を撮り忘れました・・・

 シートはかなりゆったり作られており、座ったまま足を伸ばしても私の短い足では前に届きませんでした。

 機内ではL'OCCITANEのアメニティを配布されましたが、リップクリームと乳液のみL'OCCITANE製であとは違うようでした。

 中身は、以下のとおりです。

・リップクリーム

・乳液

・歯ブラシ

・歯磨き粉

・耳栓

アイマス

・くし

 機内の映画は色々ありましたが、シンガポールで18時間の観光を控えていたため、睡眠を選択しました・・・隣の外国人の方(190くらいありそう)には狭い感じがしましたが、170そこそこの私にとっては十分すぎる広さです。

  ぐっすり熟睡でき、気がつくと着陸の時間が迫ってきました。CAさんが朝ごはんを配ってくださいました。味はなんとも可もなく不可もなくと言った感じでした。果物は美味しかったです!

 ほとんど寝ていたため、あっという間にシンガポールチャンギ空港に到着しました。早朝ということもあり、イミグレーションもガラガラでした。

2.まとめ

 人生初のフルフラットシートでしたが、やっぱりエコノミーと違いぐっすりと眠れたため、翌日のシンガポール観光の疲れ方が全然違いました。

 早くマイルをためて家族でビジネスクラスに搭乗して旅行に行きたい!と改めて感じるとともに一人だけこんな思いをして申し訳なくなりました。

 次回はチャンギ空港での入国審査についてご紹介しようと思います。

 

【SFC修行】羽田→北京→シンガポール(羽田空港→北京国際空港)

 今までの出張と違い、身銭を切ってのSFC修行第1弾はPP単価を重視して王道のAir Chinaで行く、0泊3日羽田→北京→シンガポールにしました。

今回の日程は以下の通りでした。

1レグ CA168   19:40-22:40

2レグ CA975           00:05-06:25

3レグ CA970           00:15-05:50

4レグ CA421           14:35-18:55

獲得予定PP      11,858

獲得予定マイル   8,206

金額        85,520円

PP単価                        7.2

 今回は、シンガポールで約18時間、北京で8時間の乗継時間が発生するため、かなりアクティブな観光付SFC修行となりました。

1記事が長くなるので、以下のように(予定)記事を分けてご紹介したいと思います。

羽田空港→北京国際空港←今回の記事です。

・北京国際空港→チャンギ空港

チャンギ空港入国審査

シンガポール観光

チャンギ空港→北京国際空港

・北京観光

・北京国際空港→羽田空港

月末で仕事が立て込んでいるため、1週間〜2週間の時間をかけての更新となりそうです。

1.羽田空港ANA国際線ラウンジはすごい

 羽田空港国際ターミナルでAir ChinaはLカウンター(一番端)にあります。私が到着したのが16時30分位でカウンターは17時オープンにも関わらず、既に30組位並んでいました。

 今回はビジネスクラスなので、ほとんど待ち時間なしで受付できました。手荷物だけと言う時に一瞬GSさんが固まったのは気のせいだと信じたいです(笑)

Air Chinaもスターアライアンスなため、ANAラウンジが使用できます。国内線と比べると広く、食事もすることができます。

 軽食やチョコレートやアサヒスーパードライ・焼酎・日本酒などが並んでいました。

 ちょうど小腹が空いていたので、みなさまオススメのANA特製チキンカレーとビールをセレクトしました。無料で食べられるカレーとは思えないくらい美味しかったです。

 本当は全種類食べたかったのですが、機内食もあるのでこれくらいで我慢しました。

2.いよいよビジネスクラスの機内へ・・・!

 搭乗ゲートも一番端でした。(安いので文句はありません)

 席は短距離なのでフルフラットにならないタイプでした。国内線のプレミアムエコノミーのようなイメージです。このところ贅沢にもプレミアムエコノミーばかり搭乗しているので、あまり感動がありません・・・慣れって怖いです。

 席に着くと、CAさんからおしぼりとウェルカムドリンクをいただきました。ANAのように挨拶はなかったですが、この日のために覚えた中国語で挨拶したら、笑顔で返してくださったので、嬉しかったです。ただ笑顔と一緒に色々話してくださったのですが、私は挨拶だけしかできないのでその後は英語でのコミュニケーションでした(笑)

 離陸してしばらくした後、機内食のお時間です。まずはビールをいただきました。せっかくなので、中国のビールを選択しました。やや薄めのビールで青島やタイガービールに近い感じです。

 食事のメニューですが、エコノミーと違い品数が多い・・・ビーフステーキが気になったので、ビーフと赤ワインを選択しました。 

  このボリュームで前菜です・・・ラウンジで食べ過ぎなくて本当によかったです。

 お肉は、程よくレアな感じで赤ワインと良く合いました。赤ワインは国内線の一人用ボトルではなく、フルボトルで注いで下さる前に銘柄の確認を促されましたが、銘柄は良くわからないので、取りあえずokとだけ返事しました。

3.北京国際空港での乗継でトラブル

 そんなこんなでフライトは、23時10分に北京国際空港に到着しました。

 乗継時間が短いので、走らない程度に早歩きをしながら広い空港を急ぎます。時間も遅いので、ほとんど人がいませんでした。

 ひたすらTransfarの文字を探していると(ほぼ一本道です)、入国審査のための人だかりが見えてきます。今回私は国際線乗継なので、その集団ではなく、壁側にある写真のような入り口から先に進みます。(これ本当に見つけにくいのでご注意ください・・・)

  入国審査は他の国と比べて厳しい印象を受けました。時間がないのが分かっていたので、別に出さないといけない機器(パソコン等)を機内で全てエコバックに移しておいたので、サクッと通過できました。ここまでで約30分程度です。

 以下のものは別にする必要があるので、機内で別の荷物にすることをオススメします。

・ノートパソコン

・モバイルバッテリー

スマートフォン

・小銭入れ(財布も?)

・乳液等の化粧品類

・鍵などの突起物

 さて、ここまでは順調にこれており時間も余裕がありました。手荷物検査を終えて中に行った後まず、インフォメーションボードで時間の確認をします。

 そして、私が向かった搭乗ゲートはE18・・・先ほどのフライトインフォメーションで何を勘違いしたのか離陸が1時45分に遅延していると勘違いをしていました。

 ふと違和感を感じた(遅延している割に周りの乗客の方々が静か)だったので、写真に写っている方に聞いたところ、違うゲートだよ!と言われ、やっと間違いに気がつきました・・・

 そして私の向かったE18とE28はちょうど逆方向という不運・・・(涙)恥も何もなく空港内をダッシュです!

  E28ゲートまで到着したのは、私の時計で23時40分位でした。搭乗開始は23時30分からだったため、ものすごく焦って向かったのですが、まだ誰も搭乗していません・・・

 乗継を良くされる方なら、お察しかと思いますが私の時計は日本時間、北京との時差が1時間あったため、現地ではまだ22時40分と言うオチでした(笑)

 つまりまだ、30〜40分時間があるので、Air Chinaのビジネスクラスラウンジに向かいます。開放的でゆったりとした空間でした。夜遅いので食事については軽食しかありませんでしたが、ダイニングエリアがあったので、日中は食事も食べられそうです。

 取りあえず、中に入った後冷蔵庫の中にあったコーラを飲みましたが、なぜかぬるかったです。(残念)

4.まとめ

 いきなり勘違いで搭乗できないかと焦りましたが、何とか無事シンガポール行きの飛行機に搭乗することができました。

 次回は、フルフラットになる北京→シンガポールの機内のご紹介をしようと思います。

旅レジ活用

 外務省が、出張や旅行に行く日本人向けに「たびレジ」と言うシステムを無料で提供しています。

www.ezairyu.mofa.go.jp

1.たびレジとは?

 以下公式サイトの引用です。

 たびレジは、海外旅行や海外出張される方が、旅行日程・滞在先・連絡先などを登録すると、滞在先の最新の海外安全情報や緊急事態発生時の連絡メール、また、いざという時の緊急連絡などが受け取れるシステムです。現在海外にお住まいの方も、別の国へ旅行や出張する際にご利用ください。メールの宛先として、ご自身のアドレス以外にご家族や職場のアドレスも登録できます。
 なお、登録していただいた情報は上記の目的以外には利用しません。また、帰国してから1ヶ月(希望された場合には1年)後には、すべての個人情報を消去します。詳しくは、個人情報保護方針を参照してください。
※海外でメールを受信する際には通信料が必要となる場合があります。
※携帯する機種によっては、メールが受信できない場合があります。詳しくは各社サイトでご確認いただけます。

2.たびレジに登録するメリット・デメリット

f:id:momo-rock:20170522004623p:plain

大きく分けると以下の3つのメリットがあります。

(1)お役立ち情報

 在外公館の連絡先の連絡先の情報を見ることができます。

(2)緊急時の情報提供

 緊急時に登録されたメールアドレス宛てに情報が通知されたり(地震による津波の警報など)します。勤務先や家族のメールアドレスを登録しておくと良いと思います。

(3)緊急時の連絡

 在外公館から緊急時に安否確認の連絡があるようですが、大規模災害等が発生すると連絡ができない場合もあるようです。(人手が限られるので仕方がないですね)

デメリットは特にないので、海外に渡航される際には是非ご登録ください。私も今回SFC修行でシンガポールと中国に渡航するので家族のメールアドレスを登録しました。

広告を非表示にする

CRECOのポイント制度改悪されました

 以前ご紹介した、以下の記事でクレジットカードを登録して、利用するだけで自動でポイントがたまる

「CRECO」というアプリがありました。

momo-rock.hateblo.jp

 

しかし、5月1日よりポイントの付与システムが改悪されました。

 多少の改悪であれば目をつぶりたいと思いますが、今回の改悪はちょっと陸マイラーとして継続利用することの意味が見出せないくらいのインパクトでした。

 

1.ちなみにCRECOって?

 詳細は、過去記事にまとめておりますが、一言でいうとクレジットカードを登録して利用明細を取得するとそれに対してポイントが付与されるというサービスでした。

 

2.改悪内容

 4月30日まではクレジットカードを新規で登録するたびに30ポイント(=30円)、利用明細の金額1,000円につき1ポイント(=1円)の付与がされておりましたが、5月1日からの付与システムの改訂に伴いクレジットカードの登録で30ポイント(=300円)、利用明細のカテゴリー登録で1ポイント(=1円)となりました。

 まとめると以下のとおりです。記載以外にも変更点はありますが陸マイラーに影響のあるところだけ抜粋します。

 

・旧付与システム(2017年4月30日まで)

 ①クレジットカード登録(1枚につき30ポイント)

 ②利用明細の取得(1,000円につき1ポイント)

 ③ポイント交換1回につき500ポイント単位

 ④申請回数は無制限

・新付与システム(2017年5月1日から)

 ①クレジットカード登録(1枚につき30ポイント)

 ②利用明細のカテゴリー登録(1登録につき1ポイント)

 ③ポイント交換1回につき500ポイントまで

 ④申請回数はつき1回まで

 

3.まとめ

 時間当たりの単価という意味では放置していても自動的にポイントがたまって(大体月に500ポイント程度)いましたが、この改悪で明細登録を手間をかけてしても以前の3分の1程度しかポイントがたまらないため、ポイント目的でCRECOは使用しないことにします。

止める方が多いと思いますが、他のアプリにはない請求書のPDFの閲覧ができるのでその機能のあるアプリとして残そうと思います。

ワールドプレゼント(VJA)とPexの相互ポイント交換開始

 陸マイラーのみなさま御用達のポイント中継サイト(Pex)に新しい連携先が追加されました。

1.旧ルート(Gポイント)と新ルート(Pex)の違い

 今までワールドプレゼントからANAマイルに交換をは、以下のルートを使用する必要がありました。

f:id:momo-rock:20170409171119p:plain

 Gポイントからメトロポイントのポイント減はGポイント内の広告利用をすることで後日、変換がありますがいちいち広告利用するのは面倒ですよね。

 そんな中4月3日にPexルートが開通したと発表がありました。

f:id:momo-rock:20170409171336p:plain

 Pexルートだとほとんど無駄なく、ポイントを交換することができます。ただしPexルートの場合1回あたり50円(500ポイント)の手数料が必ず発生します。

2.まとめ

 Gポイントルートは三井住友VISAカードのようなVJAのカードのポイントでしか使用することがなく、その割に交換後に広告利用しないといけないデメリットがあります。

 しかし、今回のPexルートは、レシポやCrecoなどその他のポイントを貯めるポイントサイトからもPexに交換できるため、メインルートは.moneyルートを使用し、サブでPexルートと今回の新ルートの開設でますます交換効率がアップします。

  Pexルートで利用するポイントサイトの利用方法はこちら

momo-rock.hateblo.jp

momo-rock.hateblo.jp

momo-rock.hateblo.jp

 

 

まだ間に合う!GWのホテルをお得に予約する方法

 みなさまGWの予定はもうお決まりですか?ツアーで行く方、個人手配で行く方、マイルを利用してホテルだけ別予約する方など様々だと思います。

 まだ、宿泊先が決まっていない方に向けてお得な予約方法をご紹介します。

1.Expedia

 ポイントサイトのGポイント経由で予約すると宿泊料金の6%が還元されます。その他にExpedia独自のポイントも付与されるので是非ポイントサイト経由でお申し込みください。

f:id:momo-rock:20170409175905p:plain

 なお、次の還元率が高いのはPoney(4.5%)、ハピタス(4.2%)と続きます。

2.じゃらん

 次にご紹介するのはじゃらんです。じゃらんは、陸マイラー御用達の「ハピタス」が群を抜いて還元率が高い(4.8%)です。

f:id:momo-rock:20170409180440p:plain

3.Hotels.com

 Hotels.comの予約は、「ポイントインカム」経由が一番お得です。

f:id:momo-rock:20170409180657p:plain

 Poneyとちょびリッチがともに4%で続きます。

4.まとめ

 還元率だけ見るとお得なポイントサイトは他にもありますが、陸マイラーにはソラチカルートに乗せることができるポイントサイトであることが必須です。ご紹介したサイトは全てソラチカルートに乗せることができますので、.Money経由かPex経由かご自身にあったポイントサイトでご利用ください。

 どういうルートにしてもまソラチカカード+各ポイントサイトの登録が必要です。ソラチカカードとポイントサイトについては過去記事をご参照ください。

momo-rock.hateblo.jp